ほうれい線が目立たなくなった!

ツインエレナイザープロをを使うようになってから気になっていたほうれい線が目立たなくなりました

ほうれい線が気になってきたのは35歳ぐらいからです。

ほうれい線が目立つようになると顔ってどっと老けて見えるんですね、自分で鏡で見ても「あ~年を取ってしまったな」なんて感じてガッカリしていました。

自己流でマッサージをしてみましたが変化なし。そんな時に知人で使っている人がいたのがエビスのツインエレナイザープロでした。(引用:http://ツインエレナイザーpro口コミ.asia/

30代におすすめのコスメ2

なにかと忙しい30代女性。スキンケアをしたくても、何種類ものコスメを付ける時間が無いと言う方も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めのコスメは「オールインワンタイプ」の化粧品です。オールインワンタイプも今は色々なメーカーで発売されていますから、どれが良いのか迷ってしまいますよね。私がお勧めするのは「アンサーラボ ダーマモイストゲル」です。このコスメは、「天然ナノセラミド」「3種のヒアルロン酸」「19種類のアミノ酸」が配合されており、保湿力抜群のオールインワン化粧品なのです。更に保湿力が長時間持続するので、肌細胞が本来の機能を取り戻し、様々なスキントラブルを改善してくれます。そして角質深部までも浸透しますから、バリア機能も抜群なのです。7つの無添加「香料」「アルコール」「界面活性剤」「着色料」「鉱物油」「防腐剤」「旧指定表示成分」により、誰もが安心して使用することができます。「アンサーラボ ダーマモイストゲル」は、幅広い年代の方に人気の商品で、その評価は「化粧崩れがしなくなった」「2週間目くらいから肌にハリが出た」「乾燥肌で何を使ってもダメだったのに、これを使ってから乾燥肌が改善された」などの高評価が多いのです。今までどんな化粧品を使用しても、あまり効果が感じられなかった方には、是非使用してもらいたいコスメです。時間がない方でも手軽にケアができる「アンサーラボ ダーマモイストゲル」で、エイジングケアをしてみてください。

30代におすすめのコスメ1

様々なスキントラブルが出始めるのが30代。そんな30代女性はお肌に関して、色々な悩みを抱えています。そんな30代の方にお勧めのスキンケアコスメは「ビーグレン」です。30代になると「シミ」「くすみ」「毛穴の開き」が目立ってきます。「ビーグレン」独自の浸透技術により、3種の美容液がお肌の底までも浸透して、更には直接メラニンまで浸透し美白効果へ導いてくれるのです。特に「シミ」でお悩みの方にはお勧めで、手やデコルテ部分までも美白にしてくれるというから驚きです。まぜ「ビーグレン」がお勧めなのかと言いますと、「シミ」が出来始めの場合には、この「ビーグレン」で「シミ」を消すことが可能だからです。蓄積してしまった「シミ」でも、1年程度の長期間使用することにより「シミ」は薄くなってきます。しかし出来始めの場合は、数カ月で「シミ」が消えるとの声が多いのです。実際に使用してみるとわかりますが、1カ月程度でシミは随分と薄くなりますし、お肌の色もワントーン明るくなってきます。「シミ」が薄くなったり消えたりするのは、皮膚科なので処方されている「ハイドロキノン」が含有されているからなのです。含有量は皮膚に負担がかからない量ですので、ヒリヒリしたり赤く腫れたりすることもなく安心して使用ができます。お肌の様々なトラブルを解決してくれる「ビーグレン」は、30代女性にはピッタリのスキンケアコスメです。

食生活でエイジングケア

30代女性の食生活はどうなっているのでしょうか。30代の女性は結婚して子供を持っている方が大半であるがために、食生活は規則正しく摂っている方が多いのです。しかしここで問題になるのが、食事のメニュー内容になります。どうしてもお子さんや旦那さんの好きなものがしたいになってしまい、お肌に良い物をなかなか食べることができないのが現状です。そんな30代女性はサプリメントやドリンク剤で、お肌に必要な成分を補給すると良いでしょう。特に必要な栄養素としては、ビタミンA・ビタミンC・イソフラボンです。ビタミンAを多く含む食材としては「緑黄色野菜」ですが、特に「ホウレンソウ」に多く含まれています。ただ火を通すと栄養素が壊れてしまいやすいので注意が必要です。豚レバーもビタミンAを多く含んでいる食材ですが、こちらは好き嫌いがあるので食べにくいかもしれませんね。どうしてもビタミンAを含む食材が食べれない方は、サプリメントで栄養補給をしてくださいね。イソフラボンはご存知の通り、納豆や豆腐に多く含まれています。納豆は嫌いな方でもお豆腐なら食べやすいのではないでしょうか。週に3日は食べることをお勧めします。ビタミンCは柑橘類の他に、柿・キウイ・トマトに多く含まれています。食べやすい食材が多いので、お子様でも食べることができますよね。お肌に良い食生活で、エイジングケアをしてみましょう。

 

アンチエイジングと女性ホルモン

よく耳にする「アンチエイジング」と言う言葉ですが、みなさんはその意味を知っていますか。「アンチエイジング」とは、「抗老化」「抗加齢」のことを言います。「アンチエイジング」と聞くと、どうしてもお肌や美容の事だと思いうがちですが、実は「体型の老化」「体力の老化」なども「アンチエイジング」なのです。「お肌のアンチエイジング」の原因は4つあります。「紫外線」「コラーゲンの減少」「細胞の酸化」「女性ホルモンの減少」です。この4つで「紫外線」「コラーゲン」「細胞の酸化」は、皆さんも良くご存知だと思います。しかし「女性ホルモンの減少」は、雑誌などでもそんなに詳しく掲載されていませんよね。実は30代を境に「女性ホルモン」はどんどん減少して行くのです。子供を産んだばかりの方が多いので、「女性ホルモンの減少」が30代だと聞いて、驚く方も多いかと思います。女性ホルモンが減少してしまうと、コラーゲンの分泌量の低下・新陳代謝の低下になってしまい、皮脂線の活動が鈍くなり皮脂を生成する機能も低下してしまいます。その結果皮膚が薄くなり、「肌のたるみ」「シワ」が増えてくるのです。ですから30代になったら、まずは「女性ホルモン」を増加させなくてはいけません。実はイソフラボンは女性ホルモンにとても似た成分なのです。ですから女性ホルモンを増加するためには、イソフラボンを含む食べ物を多めに摂ると良いでしょう。イソフラボンで柔らかなお肌になってみませんか。

大事な年代&洗顔

20代でのスキンケアはとても大切なことですが、実は30代はもっと大切な年代でもあるのです。若いうちにしっかりとケアをしておけば、歳をとってもそんなに大変な事にはなりません。しかし、お肌に変化が現れ始める30代は、現在と未来の両方で大事な事になるのです。若いころのに出来なかった方も、この世代にきちんとケアをしていれば、変化をし始めた今の肌を変えることができますし、10年後の肌を変えることもできるのです。その中でも「洗顔」はとても大事なスキンケアです。肌が硬くなり始めの30代で、正しい洗顔方法をしていればいつまでも柔らかなお肌でいることも可能です。洗顔で気を付けなくてはいけないのが「指や手で洗う」のではなく、「泡で洗う」ようにすることが一番大事な洗顔方法なのです。手や指でゴシゴシ洗ってしまうと、どうしても肌を傷めることになります。お肌はその摩擦に耐えようと硬く緊張した状態になってしまいます。すでに硬くなり始めたお肌の方は、洗顔前に蒸しタオルなどで顔をパックしてください。蒸しタオルを顔に乗せることにより、お肌が柔らかくなり毛穴も開きます。毛穴が開いた状態で洗顔をすることにより、毛穴の中の汚れ・古い角質を落とすこともできます。この洗顔方法を1カ月くらい続ければ、お肌は柔らかくふっくらとしてくるでしょう。30代で正しい洗顔方法をして、肌質を変えてみましょう。

子供と遊ぶときの注意

育児で忙しい30代女性は、お子様と一緒に外で遊ぶことも多いかと思います。日常は公園で一緒に遊んだり、夏休みになればプールや海に行くことも多いでしょう。休日には遊園地に行かれることもあるかと思います。特に小さいお子様がいらっしゃれば、このような機会は沢山ありますよね。ここで注意しなくてはいけないのが「紫外線」です。特にプール・海・運動会などでは、1日中外に出ていることになります。出かける前にしっかりと日焼け止めを塗っていても、皮脂や汗で日焼け止めはすぐに落ちてしまうのです。このように1日中外にいる時には、1時間置きに日焼け止めを塗りなおしてください。1時間おきというと「そんなに?」と思う方もいらっしゃると思いますが、これは決して塗りすぎではないのです。特に海に行った場合、潮風によるダメージも多いのです。海水は日焼けを促進してしまいますし、水に入ってしまえばウォータープルーフの日焼け止めでも、すぐに落ちてしまいます。ですから1時間おきでも決して塗りすぎだと言うことはありません。日焼けしやすい「顔」「肩」「背中」は、念入りに日焼け対策をしたほうが良いでしょう。ちょっと大変かもしれませんが、これは数年後に反映してしまいますので、しっかりとしたケアをしてくださいね。そして陽に当たった後は、お肌への水分補給も忘れてはいけません。多いかと思うくらいの化粧水で、多いかと思うくらいにバシャバシャと補給してくださいね。

毛穴トラブル

30代女性のお肌の悩みでも「毛穴トラブル」が2番目に多いのです。どの年代でも「毛穴」で悩む人が多いのです。30代になると肌はどんどん老化の道を歩んで行きます。お肌に良いと言われるコラーゲンも減少して行き、お肌にハリ・ツヤがなくなってくるのもこの年代です。30代で「毛穴が目立ってきた」と言うかたは、これは老化が始まってきていることが原因です。老化による「毛穴トラブル」は、肌の乾燥が原因です。しっかりと水分を補給するようにしましょう。この年代に毛穴が目立ってきたら、ストレス・生活習慣も考えてください。忙しい30代女性は、どうしても睡眠不足になりがちですし、忙しさのあまりにストレスを抱え込んでしまう方も多いのです。このような事が原因で、お肌に悪影響を与えている事もあります。生活習慣を見直して、十分な睡眠がとれているのか・ストレスを抱え込んでいないのかを考えてみましょう。もしこのような事があるのでしたら、なるべく改善をするようにしてください。睡眠時間が5時間程度しかとれないかたは、夜型から朝型にしてみてはいかがでしょうか。実はお肌は23時~2時の間に生まれ変わります。今まで深夜1時に寝て朝6時に起きている方は、23時に寝て4時に起床してみてください。今まで夜にしていたことを、朝にすれば良いだけのことです。これだけでお肌の状態はかなり良くなります。まずは自分に出来る範囲で、生活習慣を変えてみましょう。

30代女性のスキントラブル

30代女性で一番多いお肌の悩みは「シミ」です。これは40代女性も一番多い悩みなのですが、30代は「シミの出来はじめ」によって悩む方が多いのです。「去年までは全くシミがなかったのに、今年になってシミができた」と言う方は多くいるはず。それは今まで蓄積されていたメラニンが、加齢と共に表面に出てきたからなのです。20代の頃に日焼けをした記憶がありませんか。その当時は表面に出ずに、お肌の内側に隠れているのです。この日焼けをした時に、しっかりとケアをしていればこのような事はないのですが、表面に出ないばかりについケアを怠ってしまうのです。30代になって日焼けしないようにと、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶったりしても、過去の事は消すことはできません。出来てしまった「シミ」を、少しでも薄くしたいのなら、なるべくビタミンCを多く含む食べ物も摂るようにしましょう。ビタミンCは美白効果もありますし、多少のシミでしたら改善することもあります。そしてビタミンC誘導体が含有されている化粧品を使用しましょう。酷いシミでなければ多少は薄くなります。はっきりとしたシミで悩んでいる方は、皮膚科で「ハイドロキノン」を処方してもらうほうが良いですね。まずは「シミ」が薄いうちに手を打つことが先決です。いまならまだ間に合いますから、自分に合った方法で改善することをお勧めします。

お肌に変化が

30代になると、お肌には様々な問題が出てきます。今までは無かった「シミ」ができてきたり、「ハリ・ツヤ」がなくなってきたり、今までの自分では考えられなかったスキントラブルが発生してきます。そのせいかこの年代の女性の「皮膚科」に通う人は多く、今までの自分に戻りたいと思う人が多いのです。この気持ちはよくわかります。2~3年前まではなんでもなかったものが、シミができてしまったこと・ハリツヤがなくなったことを、すんなりと受け入れられないのはあたりまえですよね。しかしこれは現実なのです。これが肌の老化だということを、しっかりと受け止めなければなりません。しっかりと肌の老化を受け止めた後が一番大事です。「歳だから仕方ない」とあきらめてしまうのか、それとも「今からしっかりとお手入れをして美肌に戻す」と思うのかが大事なことです。「歳だから」とあきらめてしまえば、これからただひたすら肌老化の道を行くだけです。あきらめずにしっかりとお手入れをすれば、肌は若返り「美魔女」の道を歩んで行きます。女性なら少しでも若く見られたいと思っているはず。若く見られていならば、しっかりとお肌のお手入れをするようにしましょう。「美魔女」までは行かなくても、2~3歳若く見られるだけでも女性なら嬉しいことですよね。若い健康な肌になるためにも、日々のスキンケアをとても大切なことなのです。あきらめずに頑張ることが美肌作りの第一歩ではないでしょうか。